従来のお葬式スタイルである「一般葬」のメリット

葬式

従来のお葬式スタイルである「一般葬」のメリット

最近は、「家族葬」のような小規模なスタイルや、「一日葬」のような日程を短縮したスタイルのお葬式の需要が増えています。
しかし、従来のように大規模に行う葬儀のことを指す「一般葬」も、根強いニーズがあると言えるでしょう。
この「一般葬」は、参列者が50名以上の場合を指すのが一般的であり、多いときは100名を超えるなど、大規模になるという点が大きな特徴です。
メリットとしては、身内だけでなく、幅広い立場の人を呼ぶことができるため、社会的な付き合いを疎かにしないで済むということが挙げられます。
ですので、社会的な人間関係をより重視している方や、付き合いが多い方などに向いていると言えるでしょう。
そして、参列者が多いということは、香典による収入も多くなるため、その分お葬式の費用が軽減されるというメリットもあります。
一般葬は、費用が高くなってしまうという点がデメリットだと言えますが、この香典収入を考慮すると、意外と費用が抑えられる場合もあるため、香典と葬儀費用のバランスを検討することも必要でしょう。