若者の宗教離れが引き起こすお葬式の変化

葬式

若者の宗教離れが引き起こすお葬式の変化

近年は、お葬式事情にも変化が訪れています。
一番大きいのは、若者の無宗教化でしょうか。
お葬式に宗教色は必要ないと考える人たちが多くなってきています。
お坊さんに高いお布施を払うぐらいなら、シンプルな葬儀でいいと考える人が多くなっているわけですね。
無宗教の葬儀がやりやすい家族葬というものも登場してきたことが、その現象に拍車をかけました。
お坊さんを呼ばずに葬儀をする人たちもいます。
確かに、お坊さんに支払うお金は、宗教に興味のない人たちからすれば無駄金以外の何ものでもありません。
今後も、無駄なお金は使わない葬儀が多くなっていくことは容易に想像がつきます。
また、最近ではネット上で葬儀が販売されるようになっています。
一部から反対の声も挙がっていますが、この流れはおそらく止めることは不可能でしょう。
通常のサービス同様に、低価格化が進んでいくことは確実です。
お寺の経営は、かなり厳しくなっていくことでしょう。

iPhone修理 大阪
大阪地域最安値のiPhone修理ならRe:phone。iPhone6,6S修理の大幅値下げを行っています!

仙台 土地
土地販売ならハートヒルズ錦ヶ丘へ。小学生以下の子供たちが元気に安全に暮らせる住まいを一緒に造りましょう。

中国輸入代行

寝屋川 歯医者

熊本 鍼灸

おじさんのお葬式に出席しましにた

数年前のことですが、母の弟に当たる人のお葬式に出席しました。
比較的近距離に住んでいたこともあり、割りと付き合いがあり、気さくなおじさんでした。
病気で入退院を繰返していましたが、最後は自宅で息を引き取ったそうです。
夕食後に「ちょっと横になる」といってその場で横になり、そのままとのことです。
子供の頃はよく正月にうかがっておじさんの家のマンガを読みふけったものでした。
お葬式は親族だけで行われて小規模な式でした。
通夜の際に棺は夜間皆の居る休憩室に置かれて、顔を見せて貰ったのですが、すごくきれいな顔で驚きました。
それなりの歳のはずなのに、子供の頃のイメージそのままで、それも吃驚です。
よく「眠っているみたい」という表現がありますが、まさしくその通りでした。
母はともかく、私は通常の親戚付き合いの域を出なかったので、おじさんの人生は部分的、断片的にしかわかりません。
幸せかどうかは、本人しかわかりません。
私はおじさんの人生が幸せだったことと、ご冥福を願うばかりです。

最新投稿